2017-01

2017年7月ヒーリングガーデンプーラワ 瞑想会スケジュール

2017年7月ヒーリングガーデンプーラワ
瞑想会スケジュール

ハート瞑想について一言で表現するとすれば『自分自身を愛することのアート』だと言えます。

自分自身を愛することができなければ、幸せや幸運に関する出来事は何も始まらないとも言えます。出発点は自分を愛する事なのです。ハートの本質は愛であると言うことは誰もが聴いたたことがあると思います。その愛を入り口として使う事で自分自身を愛する様々な事が可能になります。愛は誰かに教わる必要は有りません、それは、あなたの胸の中心にあるハートのエネルギーセンターの本質なのです。ただ、あなたはまだそのハートの本質に繋がる事を学んでいないだけなのです。私と一緒にあるがままの自分を受容し愛する体験の旅をしてみませんか? by Hiroaki Deekshant

7/14、ハート瞑想会@竹原:ハートから聴くことのアート

ハートを感じることが何をもたらしてくれるのかに深く入っていきます。そして日常生活の中にハートをもたらすエクササイズから体験と洞察を受けとって行きます。

開始:午前8時

開始:OSHOチャクラブリージング瞑想

参加費:1,500円


10時半:ハート瞑想会

13時:終了

参加費:4,000円

会場:広島県竹原市田ノ浦3丁目5-6

ズィーリングガーデンプーラワ

お問い合わせ:0846-22-3522

携帯:090-8499-5558

宿泊希望者はお問い合わせ下さい。

講師:Hiroaki Deekshant(ハート瞑想ティーチャー )
お問い合わせ:0846-22-3522 090-8499-5558

7/21(金)、 OSHO 1Day  瞑想キャンプ

私たち現代人のために特別にOSHOによりデザインされたOSHOのアクティブ瞑想により自己の中心にくつろいでいきます。そして、外側にフォーカスされている意識を内側からくつろげるようにシフトしていくための瞑想キャンプです。

開場:午前9時45分

開始:10時 OSHOダイナミック瞑想

OSHOチャクラサウンド瞑想

昼食

OSHOナダブラーマ瞑想

OSHOクンダリーニ瞑想<

参加費:5,000円

会場:広島県竹原市田ノ浦3丁目5-6

ズィーリングガーデンプーラワ

お問い合わせ:0846-22-3522

携帯:090-8499-5558

宿泊希望者はお問い合わせ下さい。

参加費:5,000円(ランチ付き)
講師:Hiroaki Deekshant(ハート瞑想ティーチャー )
電話:090-1182-5781

7/28、ハート瞑想会@竹原 ハートを感じることの体験

ハートの受容のスペースを体験し、その受容のスペースから聴くことでなにが可能なのかを体験します。

開始:午前8時

開始:OSHOチャクラブリージング瞑想

参加費:1,500円

10時半:ハート瞑想会

13時:終了

参加費:4,000円

会場:広島県竹原市田ノ浦3丁目5-6

ズィーリングガーデンプーラワ

お問い合わせ:0846-22-3522

携帯:090-8499-5558

参加費:4,000円
講師:Hiroaki Deekshant(ハート瞑想ティーチャー )
お問い合わせ:0846-22-3522 090-8499-5558

ハート瞑想ティーチャー:Hiroaki  Deekshant(ヒロアキ ディークシャント)
問い合わせ  090-8499-5558

2017-01-25 | Posted in OSHO瞑想会, ハ−ト瞑想会No Comments » 

 

君の名前には:どんな期待(呪い)が込められていますか?

先日、

サトルボディヒーリングのスカイプ遠隔ヒーリングの

セッションを終えてから

体験を文字に起こしてみようと思い気楽に文章化を始めてみました、

ほんの少し書いてみると、自分の過去を思い出したのです。

.

もしかしたら、しっかりと最後まで文章化したら、

自分にとっても

他にも同じような状況の中にいる人がいて

そのような方にも何かシェアになるかもと思い

まとめあげブログに書かせて頂きました。
.

もちろん、クライアントのAさんにも承諾をいただきました。有り難うございます。
.

あなたは、両親にどのような期

(呪い)をかけられ、

生まれてきましたか?

また、育ってきましたか?

もしかしたら、

その期待は、あなたの名前に込めら

れていて、

その呪い(笑)は

いまも効いているかも知れません!

 

 

先日、このような方から、

サトルボディヒーリングの遠隔セッションを受けたいのです。

 

と申し込みが有りました。

 

Aさん曰く

2017年の新年になって、

今年は、新しいヴィジョンを持って、

自由に生きて行きたいと言う気持ちがあるのですが?

どう言う訳か、気持ちが乗らないのです。

やる気が出ないのです。

サトルボディヒーリングのセッションでよろしくお願いします。

.

そこで、私は、

目を閉じて、相手(クライアントさん)との一つである事のスペース

(シンクロニシティ)の中に入っていきました。

そのシンクロニシティの中でクライアントさんのチャクラの状態が

伝わってきました。

.

第3チャクラに緊張が有りエネルギーが詰まって流れが感じられないのです。

第二チャクラにの後ろ側がシールドされていて感受性も閉じているようです。

そして、第五チャクラの喉にマインドセット(緊張)も強く感じられるのです。

 

そこで、幼少期にに両親との間で自分を制限してしまうような

何らかの出来事があったんだな〜と言う直観が . . .

やってきました。

.

Aさんを幼少期の出来事にガイドすることにして、

その出来事に直面し体験して頂くことにしました。

.

幼少期のエネルギー体験がどのようだったのかを

クライアントさんに感情的な体験してもらう事は

感情にどう対処する(癒す)かや思い込みを取り去る事で

エネルギー的に何が起こるのを実体験できるからです。

このことは、感情と思い込みが

エネルギーに関しての影響を理解できるようになるのと

洞察を得られるようになるからです。

.

日常生活の中で同じようなことが起きた時に

自分で対処できるようになるからです。

.

その他にも、セッションの間の出来事をエネルギー的に体験できるので

ヒーリングを容易に納得できるので

受けとりやすくなるのです。

.

..

Aさんは、やがて幼少期の自分に直面し始めて行きます。

自分がベッドの上に気分よく寝ています。

そこに、両親が登場してきました。

.
両親曰く

Aちゃん 可愛いわね〜

『大きくなったらしっかりした立派な大人になってね〜』

ここで、両親はAさんの幸せを願って

期待を掛けられたのです。

.

可愛いAちゃん

  • あなたのの好きなように自由に生きていってね〜
  • 自分の人生を生きるのよ〜

Aさんの立場からの声では無く両親の立場からの期待の声だったのです。

 

 

この、自分を手放しで愛してくれている両親からの幸せを願っての期待

に対して、実際Aさんの内側でどのような事がおきていたのでしょう?

.

話は前に戻りますが?

Aさんは 自分が好きなように生きようとする時には

Aさんの深みにある『立派な大人になる』と言う声に

反するかもしれないので!

自信も無くなりやる気が出なくなってしまうのです。

.

Aさんのマインドセットの中に

しっかりした、立派な大人になってね!

と言う両親からの期待に応えなくてはと言う

声が作用してしまうのです。

.

自分の思うように自由に生きてしまったら、

『しっかりした立派な大人』になれないかも知れないから

やる気の行動を司っている第3チャクラが萎縮してしまい

やる気と自信が、出ないのです。

.

Aさんは幼少期に両親の期待を背負い込んでしまったのです。

そして、その期待に応えられないかもしれない状況がやって来ると

恐怖(萎縮)に駆られてしまい、

やる気が無くなってしまうのです。

.

.

話は全く変わりますが?

この状態(エネルギーが流れていなくてやる気が無い)を無視して

働く弊害についてついでに少し触れておきます。

.

古い時代(根性と気合いをフルに使った)または

会社の方針が強かったりして残業で乗り切る(質より量)方法や

プラス思考で乗り切ろうとするやり方だと、

結果的に自分を犠牲にしてやりまくることになり

不本意にも身体を壊して(病気になる)しまったり過労死ということになります。

.

.

Aさん、幼少期の出来事に直面

Aさんを幼少期の体験にガイドしてみるとヴィジョンが見えてきました。

Aさんは気持ちよく寝ていました。

すると両親がやてきて、

『Aちゃん しっかりした大人になるのよ!〜』

.

その声を聴いたAさんは

身体に緊張が . . . . .

そこで、更にどんな気持ちだったのかを感じて頂きました。

.

するとAさん自身は両親の期待に関して、

自分の本当の気持ちは嫌だったのです。

.

しかし、その当時、

嫌だと言う気持ちが有ったのをAさんは気が付いてさえもいなかったのです。

セッションの中でガイドされて初めてAさんはそのことを認識したのです。

セッションの中でその時の本当の嫌だと言う気持ちを

受け容れる事と両親に伝えることで嫌だと言う気持ちに

リセットがかかってきました。

その体験の中で

新しい事に対してやる気が出なくなってしまうと言うことに

理解をもたらしました。

.

Aさんは無意識に両親からの期待を受け容れていたようなのですが

本人の意思でそうしたかったのでは無かったのです。

.

後々、そのことが自分の人生に大きく影響してくるとは

  • 例え善意であれ他人に期待をかける、
  • 他人から期待を掛けられるのは
  • その両者共に苦痛を伴うのですね!

.

赤ちゃんに名前をつける時にも両親からの期待が掛っている場合も

多々有ると思いますが?

皆さんは如何ですか?

そのことがプレッシャーになったりしていませんでしょうか?

 

私自身に関しても自分のこととダブってしまい、
多いに考えさせられてしまいました。

.

そしてついには、内側から浮上して幼児期の感情があり

自分自身でヒーリングをしました。

自分の内側にも深くタッチしてきます。

.

Aさんの事に戻って

つぎは、第五チャクラに残っている思い込み、

幼少期のころに背負ってしまった重荷(マインドセット)

両親の期待(しっかりした大人になる)に応えなくてはならない

を解放することにしました。

.

解放するのと同時に第五チャクラにある思い込みが

第三チャクラをコントロールしているので

この繋がりを取り除くことにしました。

.

第五チャクラの思い込み(両親の期待の声に応えようとする)の声は

第二チャクラもコントロールしていて

自分が自由にしようとする時になると

恐怖が湧いて来て

人々や環境からもエネルギーを貰えないよう、

受容性の方向のチャクラが閉じてしまっていたようでした。

.

この第五チャクラによる第二チャクラをコントロールする繋がり

も取り除きました。

.

最後はハートの中心の愛のスペースを

第一チャクラ 〜 第七チャクラの中心につなげて行き

七つのチャクラのバランスを一つづつ取っていき

セッションは終了しました。

.

そのご、 Aさんは .  .  .  .  深いところでスッキリいしました。

新しい気持ちが湧いて来て明るい感じです。

まずは、行った事が無いところに行ってみたい気持ちになりました。

.

数日後、Aさんから以下のようなメッセージがありました。

恐怖に対してただ怖い怖いと縮こまっているのではなく、

自分はこれに対処できる自信も勇気も能力もあるのだ、

と信頼することが大切なのですね。

それはつきつめていくと自分を愛することにつながるのだなあと思いました。

これから、自己愛を意識しながら日常生活を送ってみたいと思います。

 

最後に、

今回、このサトルボディヒーリングの遠隔セッションを申し込んで頂いた、

Aさんに大いなる感謝をしたいです。

私も、このセッションをさせて頂いたことが、

とても貴重な経験となりました。

.

特に、このセッションによって

私が小さかった時の辛かった経験を

手放せない自分に気が付いた事は、

とても大きな気づきになりました。

.

随分と長い間辛かった、

(実は辛いと思っていたのと同時に執着していたようです)

気が付いてしまえばな〜んだそうだったんだ

メデタシ、メデタシ

なんですが?

.

本当に何十年もそのことにしがみつき

何とかしたかったし、

そして、苦しめられてきてもいました。

本当に〜!!

 

苦しみの核になっているものは

そう簡単には手放せないんです。

手放したくもないんです。

年期も入っているし、

そのための投資も凄いんです。

場合によっては

自分の状況の全てがそれを土台にして構築されていたりもします。

誰が何と言おうと

行くところまで行くしかない

う〜ん 凄い(笑)

.

執着は無意識のなせる技なので、

かえってそのことが、

生きがいになっていたりもしているようです。

.

もしそのことを他人に指摘されようものなら

人の気も知らないで

そのことに私がどれだけ好きでエネルギーを注いでいると思っているの

と即座に反論しそうだし、

他人からも反論が返ってきそうです。

.

苦しむだけ苦しんで、

ハマルだけハマッテ

もう、このままではラチがあかない

苦しすぎる

何とか脱出したいと決断すること無しには

苦しみとわかっていながら

エネルギーを注ぎ続ける(ハマる)ことが続いて行くようです。

.

このセッションから沢山のギフトを受けとらせて頂きました。

Aさんもヒーリングのみならず大いなる気づきのすペースに繋がった

と言うことが

とても素晴らしかったです。

感謝!!!!!

Hiroaki  Deekshant 

 

 

2017-01-22 | Posted in サトルボディヒーリングNo Comments »