未分類

サトルボディヒーリング:3歳の子供が見せてくれた自分の中にある自由と完全性を発見しその中にくつろぐ


3歳の子供が見せてくれたもの

 

先日、友人が経営している喫茶店に、

 

お茶(コーヒー)に出かけました、

 

従業員の1人の方はママさんなのです。

 

 

女のお子さん(3歳)と一緒にお店に出勤しています。

 

 

皆さんもご存じのように、

 

 

子供なのでとってもわがままなんです。

 

 

自分の思う通りに物事が進まないと、

 

だだをコネたりお母さんや周りの人にぐずりだすのです。

 

 

私はそのことを近くでずっと見ていました。

 

私にも遊んでほしいと要求してきます。

 

 

最初は仕方なしに付き合っていたのですが、

 

あるとき、私の好奇心がむくむくと

 

 

このことには自分にとっても何か意味があると感じたからです。

 

実際に子供に何が起こってるのか?

 

 

観察し認識することにしました。

 

 

 

そこで気がついたことなのですが、

 

 

子供は食べることに関しても、

 

 

買い物するに関しても、

 

 

お風呂に入ることにしても、

 

 

殆どすべてを両親に依存しているのです。

 

 

 

そのため、このような状況を重ねる度に

 

 

自分は不自由なのだと、

 

 

自由ではないと言う被害者的な意識がドンドン強くなって行くのです。

 

 

その状況の中で、

 

 

親は親としての仕事や家事があったりすることで、

 

 

子供の存在が邪魔になってくる意識もあるのです。

 

 

親と子供の意識がぶつかり合っています。

 

 

子供と母親の両者の意識が作用し合い、

 

 

子供は余計に自分が満たされていない気持と、

 

 

不自由さを感じています。

 

 

 

その上、お母さんに取っては、

 

 

私のことが、『きっと邪魔者的存在なのだ』と感じていて、

 

 

さらなる欲求不満が募り、

 

 

親や周りの人に無理難題をふっかけてきます。

 

 

 

自分は自由で完全なのだと言う気持ちと、

 

 

愛されていると言う意識が持てないのです。

 

 

 

そのことに気がついた私は、

 

 

子供の前でお母さんにそのことを話してみました。

 

 

 

するとそばにいた子供は、

 

 

即座におとなしく聞き分けのある子供に変身したのです。

 

 

 

 

『そうそうそうなの』といった感じなのです。

 

 

子供が一人前の人間として認められたかのようです。

 

 

 

それ以降子供と周りの人たちとの、

 

 

関係がスムーズになり平和なエネルギーが流れ始めました、

 

 

全体が平和になってきたのです。

 

 

 

大人であっても忙しすぎたり、

 

 

問題が多い人はこのことと同じように、

 

 

自分はどこか不完全なのだ、

 

 

自分には問題があるんだといった劣等感があり、

 

 

様々な問題や苦しみを作り出しているようです。

 

 

 

このような体験のキッカケになってくれた、

 

 

子供に感謝を伝えました。

 

 

 

子供はとてもうれしそうでした。

 

 

 

私のヒーリングセッションの中でも、

 

 

どうしても自分に落ち着けない方の、

 

 

ヒーリングセッションをしたことがあるのですが、

 

 

全く同じような現象が起きていました。

 

 

 

 

2017-08-01 | Posted in 未分類No Comments » 
Comment





Comment