サトルボディヒーリング

劣等感や自分に対する否定的なラベル貼りは、 自分のソースエネルギーに制限を掛け自分自身に苦しみを作り出します。

劣等感や自分に対する否定的なラベル貼りは、

自分のソースエネルギーに制限を掛け自分自身に苦しみを作り出します。

 

皆さんは劣等感を持っていますか?

劣等感と言うと暗い響きがありますが?

忌まわしい過去を思い出したりしますね。

どうして、そのような話をするかといいますと、

昨日、私は自分のヒーリングを行っていたんです。

人生を豊かに楽しく生きて行くためには、

自分自身のエネルギーを開くことが必要だからなのですが、

エネルギーを開いていこうとするとヒーリングが不可欠なのです。

エネルギーに制限を掛けているブロックを癒す他ないのです。

私は最近ひとりでいる時間が長くなったことから、

自分自身の深みを探求する機会に恵まれているのですが。

自分のエネルギーに何が制限をかけているのか?

探求していくと無意識の中を深く覗き込むことになります。

するとびっくり、

劣等感の存在にぶつかったのです。

自分の劣等感が勝手に指名した競争相手と思われる人

が上手くいっているそのような光景や言葉を耳にすると

劣等感がショックを受け活性化してきます。

劣等感には気持を苛まれます。

辛くて暗い感じに成ってきます。

頭の中はグルグルに . . .

劣等感にハートからヒーリングしてみると

ヒーリングしたことから見えてくるものがたくさんありました。

今までの自分の生き方についての問題点などが?

ハッキリと見えてくるのです。

そこで気がついたことを少し紹介したいと思います。

劣等感とは一言でいってしまえば、

私は劣っていると言う思いなのです。

私は充分ではない

私は愛される資格がない

どうせ私にできる訳がない。

これをやり遂げるには、

大きな努力をし続けなければ成らない。

などなど , , ,

劣等感は人生に辛さや苦しみをもたらす、

大いなる原因のようですね。

劣等感は生まれた環境とか,

育った環境の中で,

他人から、

または他人との比較から、

自分が取り込んでしまったものだったりしています。

ほとんどの劣等感は、

自分が小さい頃、外から自分の中に取り込んだものなので、

本来の自分ではないのです。

意識の深い部分に入っています。

その自分が劣っていると言う劣等感は無意識の中にあり、

エネルギーのValve はコントロールされ、
完全には開いていません!

 

劣っている訳なのでエネルギーを閉じ込め

第3チャクラ(パワーセンター)を閉じ

本来あるべき自分のパワー(エネルギー)に、

制限を掛け

劣っている自分をつくり出す必要があるのです。


 

自分本来のエネルギーに制限をかけて、

劣等感を持って生きる生き方に合うように

自分を大きく制限しています。

エネルギーがコントロールされていて、

自分本来の豊かなエネルギーからかけ離れています。

エネルギーが自分本来の豊かなままだと、

劣等感を感じることはないからです。

あくまでも人生のなかで、

劣等感が数多く登場して主人公に成る必要があります。

 


劣等感を伴ったまま、
何かをやろうとしたとき、

 

制限された貧弱なエネルギーで対処するため、

 

 

大きな努力を必要とします。

 

 

そして努力の結果、

 

 

思いを達成し得たとしても、

 

 

劣等感は自分自身のエネルギーに制限をかけているために辛いのです。

自分の人生に喜びを見出そうとしたり、

心地良い体験をして生きて生きたいと言う思いがあったとしても、

それが実現する事はありません。

なぜなら

自分自身のエネルギーを制限する事自体が、

すでに、大きな痛みと辛さを伴っているからです。

幸せを見つけようとして、

あれこれ奮闘しても、

一時しのぎにしかならないのです。

劣等感や、

自分自身に対しての否定的なレッテル張りは、

人生を生きていく上で辛く暗さと苦痛を伴います。

対処しなければいけないのは、

劣等感や否定的なレッテル張りがもたらす、

痛みや辛さをヒーリングしエネルギーのレベルで

体験し理解をすることから

無意識のクリーニングをすることなのです。

自分自身の本来の豊かなエネルギーを制限し、

コントロールしてしまったエネルギーのコックを、

再び開放し溢れさせてあげることなのです。

 

Open your Energy Valve

サトルボディーヒーリングで、

あなたの制限されたエネルギーに働きかけ
気づきをもたらすことができます。

 

新しい生き方は幸せを感じると言う方向に行動するのが正しい方向なのです。

新しい生き方は幸せを感じると言う方向が正しい方向なのです。

先日、出先にてある方とお話しした際に
『私は感じるのが苦手なんです、

 

すぐ何についてでも考える癖がついていて、

 

生きるのがせわしないのです。』


そこでよく友人から、

 

もっと感じたらとアドバイスされるのです。

 

そのようなことを聞きました。

 

 

なぜこのことに触れるかというのは、

 

私が自分のスキルとして分かち合っている事は、

 

感受性感じる事を開くことをそのものなのです。

 

 

そもそも、

 

 

感受性を学ぶ発端になったこと

私が感受性を学ぶ発端になったことがあります。

それは大病をしたからなのです。

感受性を学ぶ発端になったこと

大病のリハビリテーションとして、感受性を開くことに働きかける毎日。

 

 

手術からのリハビリテーションの一環として、

感受性のためのエクササイズを8年間に渡って、

少なくとも朝夕一時間は毎日実践しているのです。

感じることを実践していてわかったできたことがあるのですが、

感受性の不在がほとんどの病気の原因、

起きたと言うことがわかったのです。

感じることを学ぶと言う事は生き方そのものを変えること

感じることを学ぶと言う事は、

生き方そのものを変える言うことになります。

どのように変えるのかと言うと、

今までは自分の行動を決定する要因は、

何らかの知識や常識一般通念が決定していたのですが、

 

新しい生き方は幸せを感じると言う方向が正しい方向なのです。


新しい生き方は、

 

自分の感覚がこうした方が気持ち良いと言うこと、

こうした方が幸せを感じると

いったことが行動するにあたっての決定要因になるのです。

言い換えるならば、

どのように行動したら自分が幸せを感じるのか

にフォーカスが移るのです。

感受性を使わなかった以前の生き方は、


どうすれば正しいのか?

あるいは正しくないのか?

そのような知識(記憶)が行動をするに当たっての、

ベースになっていたのです。


いつも完璧を目指して、

自分の行動が行われていたものが、

どうしたら幸せなのかに

生き方が移ることになります。


このように、

感受性にしたがった生き方をすると、

無理なく勝手に幸せの道を歩き始めるのです。

感受性とは、

聞く能力、

感じる能力、

見る能力、

直感を認識して使う能力、

自分のあるがままを許す能力、

これらの能力は、

全て私たち誰もがすでに持っている

ハートの本質なのです。

これまで説明してきました、

ハートの感受性を開くための瞑想会や個人セッションを開催しています。

ハート瞑想会

毎月第二第4金曜日にハート瞑想会として行っています。

ご興味ある方はご一報下さい。

サトルボディヒーリング

また,いままでの生き方が生じて様々な形で

関係性、友人関係、仕事、家族間の中で、

生き辛さ(精神的、肉体的)を感じていらっしゃる方のために、

それらに対処するための個人セッションも行っています。

エッセンシャルライフコンサルティング

望みを叶え、人生を自分独自の強みを使って豊かに生きること、

に関してもコンサルティングを行っています。

1人でも多くの方が感受性を開き、

自分が本来の道に立ち戻り、


豊かな人生を歩いていけるようにサポートしています。

 

 

自分を愛するアート:自分の中にある(自由と完全性を発見)しその中にくつろぐ

自分を愛するアート:自分の中にある(自由と完全性を発見)しその中にくつろぐ

 

今日は友人が経営している喫茶店にお茶(コーヒー)に出かけました、

従業員の1人の方はママさんなのです女のお子さん3歳と一緒にお店に出勤しています。

 

 

皆さんもご存じのように、

子供はとってもわがままなんです自分の思う通りに物事が行かないと、

ダダをコネたりお母さんや周りの人にぐずりだすのです。

 

私はそのことを黙ってずっと見ていました。

 

私にも遊んでほしいと要求してきます、

 

 

最初は仕方なしに付き合っていたのですが。

 

 

暫く経って

実際に、いったいこの子供には何が起こってるのかを認識することにしました、

このことには何か意味があると感じたからです。

 

そこで気がついたことなのですが、

子供は食べることに関しても買い物するに関してもお風呂に入るにしても殆どすべてを両親に依存しているのです。そのため自分は不自由なのだ、自由ではないと言う意識があるようです。

 

 

その子供との状況の中で、

親は親としての仕事や家事があったりすることで、

子供の存在が邪魔だという意識が少なからずあるのです。

 

 

親と子供の両者の意識が、そこでクラッシュしています。そのことが子供に余計に自分が満たされていない気持と、自分は不自由な邪魔者的存在なのだと受け取っているようです。そのことから子供の欲求不満が募り、ストレス発散のために親や周りの人に無理難題をふっかけてきます。

 

自分は『自由』で『完全』だと言う気持ちと『愛されている』と言う意識が持てないのです

そのことに気がついた私は子供の前でお母さんにそのことを話してみました。

 

 

するとそばにいた子供は即座におとなしく聞き分けのある子供に変身したのです『ウンそうなんです』といった感じなのです

 

まるで子供が一人前の人間として認められたかのようです。それ以降は子供と私たち周りの人たちとの関係がスムーズになり全体が平和になってきたのです。

 

大人であっても忙しすぎたり問題が多い人はこのことと同じように自分はどこか不完全なのだ自分には問題があるといった『自己不信感』や『劣等感』があり様々な問題や苦しみを作り出しているようです。

 

私は子供に感謝を伝えました、すると子供はとてもうれしそうでした

私のサトルボディヒーリングセッションのクライアントさんの中にも

毎日が世話しなく、考えなくては成らない事や、やらなくては成らない事が一杯あり、

時間もなく、

『どうしても自分に落ち着けないのです』と言った方のセッションをしたことがあるのですが?

全く同じような現象が起きていました。

このような精神状態では自分に取って「人生は無意味でつまらない』『何も得るものがない』と映ってしまいます。

 

人生を『意味あるものに,そして豊かなものに』することができます。

サトルボディヒーリングセッションは世界中どこにいても、

遠隔にて行えるヒーリングセッションなのです。

2017-06-08 | Posted in サトルボディヒーリングNo Comments » 

 

遠隔ヒーリング幼児虐待:子育てママの忙しさは家庭に平和をもたらすのでしょうか?

遠隔ヒーリング幼児虐待

子育てママの忙しさは家庭に平和をもたらすのでしょうか?

世のお母さん方の子育ては本当に大変なお仕事なんですね!

子育ての何が大変かと言うと、

育ち盛りの子供は親の言うことをに聞く耳がありません。

そしてママはママで自分のこと、家事のこと、仕事のこと、

それ以外に子供のことがあるんですね。

ついつい子供に対して口うるさくなったりもします

先日そのような子育てシングルマザーの方から

遠隔ヒーリングの依頼がありました。

hands holding the sun at dawn

ヒーリングにガイドをしていたのですが!

ママさんがどうしてもくつろぐことができないのです!

よくよく様子を見てみるとママさんの内側に本人以外の誰かの声があるんです。

どんな声かと言うと『何かしなきゃいけない』『私はのんびりしてる場合では無い』『早く早く何かやらなきゃ』そういった誰かの声がママさん背中をいつも押している人がいるんです。

そのためママさんはいつも後ろから背中をつかれているんです。

『早く前に行きなさい』『何かしなさいと』言う声にいつも押され続けているんです。

そのためにママさんは、自分自身にくつろいだり、自分自身を感じたり、自分の本当の気持にオーケーが出せないのです。

いつもテンションがかかっていて落ち着くことができないのです。

その内側の声をよくよく見ていくと、その声はママさんのお母さんの声なのです。

小さい頃からお母さんに『早くしなさい』『何をぐずぐずしているのもっとやることがあるでしょう』と言い続けられてきたのです。

その声が今でもママさん内側で鳴り響いてい背中を押し続けて指図をしています。

そのために、今ではそのお母さんの声が自分の声にとって代わり、

自分の可愛い子供に向かって『早くしなさい』『どうして何々君はいつもそうなの早く何とかして』といった声を子供たちに虐待の声を浴びせていたのです。

ヒーリングでママさんの中にある母親の声を取り去ってみました、

するとエネルギーは一変しました母親の声につき動かされないママさんの登場です。

自分本来の姿にくつろぎはじめたのです。

ママさんにありがとうございましたと言われヒーリングセッションが終了しました。

長い間に渡ってママさんは慌ただしさの中に在る自分に辟易としていました、

本当に大変だったのですね

辛かったのですね

ヒーリングを受けてよかったなぁと思っていただいたようです。

私たち誰もが、こうすれば良いと分かっていてもできない場合が誰でもありますよね。

もしかしたらそういったあなたも、

本来の自分の声ではない誰かの声につき動かされているのかもしれません

その誰かの声とは一般常識と言った社会の声かもしれません

あるいは、母親だったり、父親だったり、先生の声だったり

日本古来の格言だったり

あなたの座右の銘の声だったり

いわゆる偏見の声なのかもしれません。

サトルボディヒーリングでは

スカイプや

Facebookのメッセンジャーの中に在る電話マーク

メッセンジャーなどの無料のコミュニケーションツールを使って
あなたが世界中のどこにいても

遠隔にてヒーリングいたします。

もしヒーリングにご興味を感じられた方はご一報ください。

2017-06-08 | Posted in サトルボディヒーリングNo Comments » 

 

君の名前には:どんな期待(呪い)が込められていますか?

先日、

サトルボディヒーリングのスカイプ遠隔ヒーリングの

セッションを終えてから

体験を文字に起こしてみようと思い気楽に文章化を始めてみました、

ほんの少し書いてみると、自分の過去を思い出したのです。

.

もしかしたら、しっかりと最後まで文章化したら、

自分にとっても

他にも同じような状況の中にいる人がいて

そのような方にも何かシェアになるかもと思い

まとめあげブログに書かせて頂きました。
.

もちろん、クライアントのAさんにも承諾をいただきました。有り難うございます。
.

あなたは、両親にどのような期

(呪い)をかけられ、

生まれてきましたか?

また、育ってきましたか?

もしかしたら、

その期待は、あなたの名前に込めら

れていて、

その呪い(笑)は

いまも効いているかも知れません!

 

 

先日、このような方から、

サトルボディヒーリングの遠隔セッションを受けたいのです。

 

と申し込みが有りました。

 

Aさん曰く

2017年の新年になって、

今年は、新しいヴィジョンを持って、

自由に生きて行きたいと言う気持ちがあるのですが?

どう言う訳か、気持ちが乗らないのです。

やる気が出ないのです。

サトルボディヒーリングのセッションでよろしくお願いします。

.

そこで、私は、

目を閉じて、相手(クライアントさん)との一つである事のスペース

(シンクロニシティ)の中に入っていきました。

そのシンクロニシティの中でクライアントさんのチャクラの状態が

伝わってきました。

.

第3チャクラに緊張が有りエネルギーが詰まって流れが感じられないのです。

第二チャクラにの後ろ側がシールドされていて感受性も閉じているようです。

そして、第五チャクラの喉にマインドセット(緊張)も強く感じられるのです。

 

そこで、幼少期にに両親との間で自分を制限してしまうような

何らかの出来事があったんだな〜と言う直観が . . .

やってきました。

.

Aさんを幼少期の出来事にガイドすることにして、

その出来事に直面し体験して頂くことにしました。

.

幼少期のエネルギー体験がどのようだったのかを

クライアントさんに感情的な体験してもらう事は

感情にどう対処する(癒す)かや思い込みを取り去る事で

エネルギー的に何が起こるのを実体験できるからです。

このことは、感情と思い込みが

エネルギーに関しての影響を理解できるようになるのと

洞察を得られるようになるからです。

.

日常生活の中で同じようなことが起きた時に

自分で対処できるようになるからです。

.

その他にも、セッションの間の出来事をエネルギー的に体験できるので

ヒーリングを容易に納得できるので

受けとりやすくなるのです。

.

..

Aさんは、やがて幼少期の自分に直面し始めて行きます。

自分がベッドの上に気分よく寝ています。

そこに、両親が登場してきました。

.
両親曰く

Aちゃん 可愛いわね〜

『大きくなったらしっかりした立派な大人になってね〜』

ここで、両親はAさんの幸せを願って

期待を掛けられたのです。

.

可愛いAちゃん

  • あなたのの好きなように自由に生きていってね〜
  • 自分の人生を生きるのよ〜

Aさんの立場からの声では無く両親の立場からの期待の声だったのです。

 

 

この、自分を手放しで愛してくれている両親からの幸せを願っての期待

に対して、実際Aさんの内側でどのような事がおきていたのでしょう?

.

話は前に戻りますが?

Aさんは 自分が好きなように生きようとする時には

Aさんの深みにある『立派な大人になる』と言う声に

反するかもしれないので!

自信も無くなりやる気が出なくなってしまうのです。

.

Aさんのマインドセットの中に

しっかりした、立派な大人になってね!

と言う両親からの期待に応えなくてはと言う

声が作用してしまうのです。

.

自分の思うように自由に生きてしまったら、

『しっかりした立派な大人』になれないかも知れないから

やる気の行動を司っている第3チャクラが萎縮してしまい

やる気と自信が、出ないのです。

.

Aさんは幼少期に両親の期待を背負い込んでしまったのです。

そして、その期待に応えられないかもしれない状況がやって来ると

恐怖(萎縮)に駆られてしまい、

やる気が無くなってしまうのです。

.

.

話は全く変わりますが?

この状態(エネルギーが流れていなくてやる気が無い)を無視して

働く弊害についてついでに少し触れておきます。

.

古い時代(根性と気合いをフルに使った)または

会社の方針が強かったりして残業で乗り切る(質より量)方法や

プラス思考で乗り切ろうとするやり方だと、

結果的に自分を犠牲にしてやりまくることになり

不本意にも身体を壊して(病気になる)しまったり過労死ということになります。

.

.

Aさん、幼少期の出来事に直面

Aさんを幼少期の体験にガイドしてみるとヴィジョンが見えてきました。

Aさんは気持ちよく寝ていました。

すると両親がやてきて、

『Aちゃん しっかりした大人になるのよ!〜』

.

その声を聴いたAさんは

身体に緊張が . . . . .

そこで、更にどんな気持ちだったのかを感じて頂きました。

.

するとAさん自身は両親の期待に関して、

自分の本当の気持ちは嫌だったのです。

.

しかし、その当時、

嫌だと言う気持ちが有ったのをAさんは気が付いてさえもいなかったのです。

セッションの中でガイドされて初めてAさんはそのことを認識したのです。

セッションの中でその時の本当の嫌だと言う気持ちを

受け容れる事と両親に伝えることで嫌だと言う気持ちに

リセットがかかってきました。

その体験の中で

新しい事に対してやる気が出なくなってしまうと言うことに

理解をもたらしました。

.

Aさんは無意識に両親からの期待を受け容れていたようなのですが

本人の意思でそうしたかったのでは無かったのです。

.

後々、そのことが自分の人生に大きく影響してくるとは

  • 例え善意であれ他人に期待をかける、
  • 他人から期待を掛けられるのは
  • その両者共に苦痛を伴うのですね!

.

赤ちゃんに名前をつける時にも両親からの期待が掛っている場合も

多々有ると思いますが?

皆さんは如何ですか?

そのことがプレッシャーになったりしていませんでしょうか?

 

私自身に関しても自分のこととダブってしまい、
多いに考えさせられてしまいました。

.

そしてついには、内側から浮上して幼児期の感情があり

自分自身でヒーリングをしました。

自分の内側にも深くタッチしてきます。

.

Aさんの事に戻って

つぎは、第五チャクラに残っている思い込み、

幼少期のころに背負ってしまった重荷(マインドセット)

両親の期待(しっかりした大人になる)に応えなくてはならない

を解放することにしました。

.

解放するのと同時に第五チャクラにある思い込みが

第三チャクラをコントロールしているので

この繋がりを取り除くことにしました。

.

第五チャクラの思い込み(両親の期待の声に応えようとする)の声は

第二チャクラもコントロールしていて

自分が自由にしようとする時になると

恐怖が湧いて来て

人々や環境からもエネルギーを貰えないよう、

受容性の方向のチャクラが閉じてしまっていたようでした。

.

この第五チャクラによる第二チャクラをコントロールする繋がり

も取り除きました。

.

最後はハートの中心の愛のスペースを

第一チャクラ 〜 第七チャクラの中心につなげて行き

七つのチャクラのバランスを一つづつ取っていき

セッションは終了しました。

.

そのご、 Aさんは .  .  .  .  深いところでスッキリいしました。

新しい気持ちが湧いて来て明るい感じです。

まずは、行った事が無いところに行ってみたい気持ちになりました。

.

数日後、Aさんから以下のようなメッセージがありました。

恐怖に対してただ怖い怖いと縮こまっているのではなく、

自分はこれに対処できる自信も勇気も能力もあるのだ、

と信頼することが大切なのですね。

それはつきつめていくと自分を愛することにつながるのだなあと思いました。

これから、自己愛を意識しながら日常生活を送ってみたいと思います。

 

最後に、

今回、このサトルボディヒーリングの遠隔セッションを申し込んで頂いた、

Aさんに大いなる感謝をしたいです。

私も、このセッションをさせて頂いたことが、

とても貴重な経験となりました。

.

特に、このセッションによって

私が小さかった時の辛かった経験を

手放せない自分に気が付いた事は、

とても大きな気づきになりました。

.

随分と長い間辛かった、

(実は辛いと思っていたのと同時に執着していたようです)

気が付いてしまえばな〜んだそうだったんだ

メデタシ、メデタシ

なんですが?

.

本当に何十年もそのことにしがみつき

何とかしたかったし、

そして、苦しめられてきてもいました。

本当に〜!!

 

苦しみの核になっているものは

そう簡単には手放せないんです。

手放したくもないんです。

年期も入っているし、

そのための投資も凄いんです。

場合によっては

自分の状況の全てがそれを土台にして構築されていたりもします。

誰が何と言おうと

行くところまで行くしかない

う〜ん 凄い(笑)

.

執着は無意識のなせる技なので、

かえってそのことが、

生きがいになっていたりもしているようです。

.

もしそのことを他人に指摘されようものなら

人の気も知らないで

そのことに私がどれだけ好きでエネルギーを注いでいると思っているの

と即座に反論しそうだし、

他人からも反論が返ってきそうです。

.

苦しむだけ苦しんで、

ハマルだけハマッテ

もう、このままではラチがあかない

苦しすぎる

何とか脱出したいと決断すること無しには

苦しみとわかっていながら

エネルギーを注ぎ続ける(ハマる)ことが続いて行くようです。

.

このセッションから沢山のギフトを受けとらせて頂きました。

Aさんもヒーリングのみならず大いなる気づきのすペースに繋がった

と言うことが

とても素晴らしかったです。

感謝!!!!!

Hiroaki  Deekshant 

 

 

2017-01-22 | Posted in サトルボディヒーリングNo Comments » 

 

サトルボディヒーリング セッションの感想を頂きました。

先日、

サトルボディヒーリングを受けて頂いたから感想を頂きました。

 

かつて必要だったけれど、

今となってはもういらなくなったものを抜いて、

本当の気持ちだけを残す、そんな感じです。

なにしろ、自分がとても整います。

ありがとうございました。

 

subtle_body-3

 

サトルボディヒーリング

2016-01-27 | Posted in サトルボディヒーリングNo Comments »