頭を使い過ぎていて – ハートの受容だけでは、いまここに戻って来るのに追いつけないとき。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

busy最近、仕事や他人のサポート,ハート瞑想会,食事会など

盛りだくさんのこともあり。

頭がパンパンになっていて落ち着きがなくなっていたので、

一時間の散歩に出かけた。

散歩も最後の段階にさしか掛ったとき、意識が頭からスーッとハートに降りて来た、

何かが抜けていった感覚。

プレッシャーから解放されたようです。

本当に意識とエネルギーが強く頭に行ってしまっているときは、ハ−ト瞑想で

起こっている事を受容しようとしても追いつけない。ハ−トへ意識が降りて来れなくて頭でやってしまうことになるのだろう。(これもハートの声)

身体にエネルギーが回っていて活き活きとしている状態、意識をグラウンディングした状態になっているとハ−ト瞑想も本領を発揮しやすくなる。

明日から,もっと意識的に散歩するようにしたい。

今日の気づきに感謝!