ハートは今ここにあり、あなたが気づいてくれるのをいつでも待っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_5071今朝はハートに関しての面白い体験をした。

最近まで沢山のプロジェクトが走っていたんだが!
昨日までに二つのプロジェクトが終わって、

今朝,起きたとき、何か拍子抜けしたような物足りなさと張り合いのなさを感じていた

むなしいような感じでもあった。

そこで、ハートはいつでもあなたが気づいてくれるのを待っていると言うのを思い出した。

思い出してハートを感じて見たとたんに充実感と充足感をハートに感じ始めた、

突然嬉しくなり里芋畑の手入れを始めた。

なんという幸せ感だろう。

只、ハートを思い出し感じただけなのに!!!!

思いを馳せて見るとハート瞑想を始めて

8年になってきた、徐々にハートの核心に触れて来ている気もします。

その間は本当に手に負えないような出来事や不条理なことも沢山あった、

その度に、受容することを学び続けて来たような気がしている。

自分が思ったように動いている出来事を受け容れるのは簡単だが

自分が望んでいない方向に動いたと感じた時が受容(ハート)の力が、

試されているようでもあり

そんな時に限ってハ−トを閉ざしてしまいエネルギーを止めてしまわわないように

気づいている必要性を感じています。

タイミングとして、受容を学ぶチャンスのような気がしています。

インドのOSHOセンターのコーディネーターは、

無茶苦茶な人ほど良いコーディネーターだと言うのを効いたことがある。

他人にチャレンジを沢山突きつけてくれるからかも知れない。

予兆は昨日のダイナミック瞑想のストップのステージに始まっていた。

ストップ中に頭がくらくらっとし何か新しいエネルギーが自分の中に入って来たかのようだった。

フラフラして立っているのがやっとの感覚

倒れると危ないのでただ、手放したまま意識が飛ばないように保っていることだけに意識を向けていた。

瞑想が終わったとき何か、今までに無くとっても楽ちんな感じがして、

自分が全くマインドの中にいない気がしていた。

優しさと気楽さが同居しているような?

ハ−トを感じるためには

あなたは特別な何かをする必要はありません

  • どこかに行く必要もありません
  • 只ハートに気づき
  • ハ−トはいつもあなたを待っていると言うことを思い出します
  • そしてハートを感じ始めるだけで良いのです。

以上の言葉がハ−ト瞑想のトレーニングで何度も聞いたのだが、

今日は本当にそうなんだ!

と言う体験だった。