無条件の愛は無意識の思い込みによってブロックされていた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_5342ハ−ト瞑想のトレーニングの中で

沢山の方達と交換セッションをしていたら

(感情を変容)

普段気が付いてない深いところから

欲求不満が出て来た

これは、欲求不満と言っても自分以外の第三者や仕事やお金といった

外側のものではこの欲求不満を満たすことができない感覚を伴っていた。

ハ−ト瞑想ティーチャートレーニングの中で

リーラにセルフリスペクトのガイド瞑想をリードしてもらっときの感覚から感じたことは

自分のハートの中の自己尊厳のスペースに深く入って行き

ハートの深いところにある本質(自己尊厳)に繋がらない限り

この満たされない感覚は消えて行くことがないもののようです。

そんなある日、無条件の愛について瞑想していたら

自分の中に、自分自身に対しての愛をブロックしている思い込みが見つかった

『自分を満たしてくれる:愛は他人から与えられるもの』

自分の愛では自分を満たせない

そんな思い込みがあった、

生まれてこの方自分の中にあったのは条件付きの愛だけだった。

それは、特定の人に向けたものや

関係性の中でなにかをプレゼントした時にお返しに愛が返って来たり

そして、私たちは愛そのものだと言われているのに

その愛は自分を満たしてくれるものでもあるといったような

経験や理解は一切なかった

『愛は外側の誰かから貰うもの』と言った無意識の思い込みに

始めて感じた直面した(この気づきは本当に嬉しかった)

この思い込みがある間は、自分で自分を愛することのエネルギーは、

閉ざされたままのような気がする。

自分で自分を満たせ(愛せ)ない状態のまま

真実(無条件の)の愛(源泉)は『自分も他人も満たしてくれるもの』のような気がする

今では、

自分の愛のみが自分を満たすことができる

そんな理解に成って来ています。

もしかしたら、自分を本当の意味でリスペクトできるような気がして来ています。

無条件の愛に向かって一歩前進です。

本当に嬉しい気づきです(感謝)